トップ > ボディケア(悩み別) > 体の疲れ > 春夏秋冬「冷え知らず」ぬくぬくオイル

春夏秋冬「冷え知らず」ぬくぬくオイル

商品コード : 9005716
価格 : 1,800円
ポイント : 18
数量
 

(個人輸入のため消費税は必要ありません)
現在入荷待ちです
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ




本来は
赤ちゃんの寝冷え対策のために
作られたオイルなんです。
それを大人が使ったら、
冷え知らずのめぐる体を
維持できるんです。
こんな方におすすめ

□ いつも手足やお腹やお尻や太ももが冷たい方

□ 顔色の悪い方

□ 便秘やニキビ、生理痛、片頭痛が気になる方

□ 不眠症、ストレス、イライラなどがある方

   

体を冷やさないポイントは、 “3つの首”(首、手首、足首)と、おなかとおしり


首は、頭を支えているために筋肉が緊張していて血液の流れが悪くなりやすいものですが、首や手首・足首を暖めると、滞りやすい血流が良くなることで全身の血流が良くなります。
いずれも皮膚が薄いため、温めると皮膚下を流れる血液も同時に温まり、その血が流れることで体全体が温まるのです。
さらに、腰とお腹を温めることで様々な婦人科系のトラブル予防につながります。
冷え知らずおなかオイルは、インドネシア特有のジャムウから生まれたオイルで、 田舎で夕涼みしているときに漂う夏草のようになつかしい香りがします。
もともとは、赤ちゃんの湯冷め体策、寝冷え対策として開発され、 インドネシアでは昔から使われ続けてきました。 それが、現代の不規則な生活や、ストレスにより、 体が冷えていることが当たり前になってしまっているひとたちが増えてきました。

赤ちゃんと同じように、入浴前後にこのオイルを使用してみて下さい。
冷えからくる様々な悩みから解き放たれるということを実感していただけるはずです。 基本的には、数滴を手のひらに取りおなかになじませるだけでからだの熱を逃がさず、 冷えからくる体調不良を起こしにくい、温か体質に導きます。 春は花冷え対策、夏はクーラー対策、秋は三寒四温対策、冬は底冷え対策と四季を通じて起こる【冷え】に対応します。




入浴前に三首、おなかやお尻など、冷えが気になるところや、肩、腰などコリが気になるところに少しずつマッサージしながら擦り込みます。
そして、お風呂上がりには、おなかとお尻と足の裏に使って下さい。

それだけで、春夏秋冬一年中冷え知らず体質があなたのものに!


どのくらい使えるの? 使う範囲にもよりますが、毎日使って約3か月/1本
いつ使うの? いつでも   ※入浴前後と就寝前がおすすめ
使用感 ココロとカラダの冷えがとれる感じBy.楊さちこ
香り <使用前> 干草のにおい
<使用後> ほとんど香りが残らない

楊先生のオススメポイント

いつまでも美しくあり続けるためには、
どんな季節でも 3つの首(首、手首、足首)とおなかとおしりを冷やさないのがお約束。
ホンマに、【冷えは万病のもと】なんです。
体温が下がること、筋肉の動きが鈍り、それゆえに熱の生産能力が低下する「体の冷え悪循環スパイラル」に陥ります。
そのうえ、免疫力の低下などによる、他の病気を引き起こす可能性も高くなるのです。
つまり、「冷え」が継続することによって「深刻な病」を引き起こす原因を作りかねないのです。
お風呂の前と後に、この『春夏秋冬「冷え知らず」ぬくぬくオイル』を塗る習慣をつけることで、湯冷めもしにくくなり、安定した温かさを保つことができます。
いつもスペアをきちんと準備してないと心配になるくらい必需品度の高い楊家の常備品でもあるんです。

説明書の日本語訳

ムスティカラトゥテロンオイルは 本来は 赤ちゃんの寝冷え対策アイテムです。
冷えやすいところに塗ることにより、ハーブのパワーで 体を温めて気持ちよく、ハーブの香りで気持ちを落ち着かせてくれます。 体の冷えを防ぐことで風邪対策にも。

内容量
60ml
成分
ヤシオイル、カユプテオイル、ウイキョウオイル
オリジナル商品名
Mustika Ratu Telon Oil
ブランド(生産国)
インドネシア
使用方法
入浴前後や就寝前にお腹を中心に足腰肩背中などに適量を擦り込んで下さい。
1回の使用量の目安
適量
 


この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません